安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
旬の野菜 トマト
 ●旬の野菜  「トマト」  2019/5
 5月の野菜は「トマト」です。しつこいようですが、トマトです。気温も上がってきて、サラダが食べたくなってきましたね。  亀井野の「わいわい市藤沢店」の隣に、JAさがみの「産地形成促進施設」というところがあるのをご存知でしょうか?この施設にはトマトの選果機があり、1階のトマト用エレベーターに軽トラで運んできた収穫用コンテナに入ったトマトを乗せると、トマトは2階の選果場へ。
 2階に上がったトマトは、人の手で優しくコンベアに乗せられ、色や形、重量を選果機が瞬時に計測し、「このトマトはAM、こっちはBS」といった感じでトマトが自動的にそれぞれの等階級のレーンに流れていきます。それを人の手で箱詰めし、またコンベアを流れ、自動で梱包され出荷できる状態になったものが、また1階に降りてきます。
 ちなみにトマトを詰める段ボールも自動で折られ、一枚の板紙だったものが、出荷用の段ボールになります。箱があっという間に作られる様子は見ていて楽しいですよ。
 この施設は普段は関係者しか入れませんが、3月に生産流通現場体験ツアーを農業水産課で企画したところ多くの方に参加していただき、普段見られないトマトの選果風景を見ていただくことができました。参加者の皆さんはとても楽しんでくれたようです。
 まもなく10連休に突入しますが、ピークを迎えた藤沢のトマトは毎日出荷されるので、このトマト選果場も休まず稼働するようです。
 まさに今が藤沢のトマトの旬です。同様にピークを迎えた藤沢のキュウリ、キャベツとともに「藤沢産サラダ」で野菜1日350グラム摂取して、健康寿命日本一を目指しましょう!
 ●旬の野菜  「トマト」  2019/4
4月の野菜は「トマト」です。いよいよ本格的なトマトシーズンがやってまいりました。気温が高くなってくるとサラダ需要も高まってくるので、トマトの荷動きもよくなってくるんじゃないかと期待しているところです。
 藤沢のトマトは、六会地区はタキイ種苗の「桃太郎シリーズ」、御所見地区はサカタの種の「麗容」「ろくさんまる」といった品種が中心でしたが、今シーズンこの品種構成に変化が起こっています。
 六会地区はほとんど変わりないのですが、御所見地区では単為結果性品種の「パルト」という品種が主流となっています。「単為結果性って何?」と思いますよね。単為結果性品種とは、受粉・受精が行われなくても果実ができるというものです。
 本来トマトが実をつけるには、ホルモン処理(トマトトーンというホルモン剤を花に吹き付ける)やマルハナバチをハウス内で飼養して受粉させることによってトマトを実らせています。
 ホルモン処理は労力がかかるし、マルハナバチはコストがかかるうえ、従前から使ってきたセイヨウオオマルハナバチは特定外来生物の指定を受けているためハウス外に逃げ出さないよう細心の注意を払う必要があります。
 これらの課題を解決するため「パルト」を導入したわけですが、この品種はゼリー質が少ないという特徴があります。よくトマトが苦手という方は「あのゼリーの部分が・・・」と言われるので、トマトがあまり得意でないという方にこそおすすめの品種ではないかと思います。
 お近くのスーパーで御所見地区のトマトを見かけたら「パルト」かもしれませんので是非ご賞味ください。
 ●旬の野菜  「トマト」  2019/3
 3月の野菜は「トマト」です。先月もトマトでしたが、しばらく「トマト押し」で行こうと思ってます。決してネタ切れになったわけではなく、どうしてもトマトをPRしたいんです。
 さて、ここ数年トマトの相場が低迷していることは先月も書きましたが、最近発表された統計データを見て驚いてしまいました。
 平成31年1月の東京都中央卸売市場のトマトの入荷量は5,770t、キロ単価は314円でした。前年と比較すると、入荷量が101%、単価が79%です。1%入荷が増えただけで、単価は21%も下がっているのです。
 このままいったらどうなるのかと思いましたが、2月に入って主力の熊本の出荷がピークを過ぎて、東京都中央卸売市場の入荷量も前年を下回ってきているようです。
 ただ、熊本のトマトは3月中旬から春トマトのピークに入ることから、トマトを生産している各県、各産地は売り場確保のため積極的な試食宣伝を行っているところです。
 藤沢のトマトも例年より半月ほど早く選果場をオープンさせ、県内を中心に市場出荷していますが、スタートから単価安に悩まされています。
 今年の藤沢のトマトは皮が薄くて、例年よりも味がいいと思うので、消費者の皆さんに食べていただく機会を作り、なんとかこの相場の低迷から抜け出したいと思います。
 そんなわけで、今月はイベント目白押し。3月9日は藤沢駅北口サンパレットで「ふじさわ元気バザール 藤沢野菜市」、10日は片瀬漁港で「みなと春まつり~藤沢産をまるごといただきます~」、16日、17日は藤沢駅コンコースで藤沢産野菜の即売会。
 同じく16日には地産地消講座で「トマトを収穫してトマトプリンを作ろう」と、どのイベントも藤沢産のトマトを猛プッシュしてますので、トマトファンの皆様お待ちしております。
 ●旬の野菜  「トマト」  2019/2
 ようやく雨が降りましたが、畑のカラカラ状態解消とまではいかなそうですねぇ~・・・1月は野菜全体的に荷動きはいまいちという感じでしたが、2月は干ばつの影響が出始めるのではないでしょうか。
 さて、2月の野菜ですが、藤沢産の野菜で最も生産量の多い「トマト」を紹介したいと思います。2月にトマトと思われるかもしれませんが、本市のトマトは冬から春にかけて収穫される「冬春トマト」が中心となっています。
 冬から出荷されるので当然ハウス栽培となりますが、その平均収量は10アール当たりで約13トンと言われており、年々単価が下がっているトマト相場を考えると、収穫時期を長くして収量を増やしていかなければトマトの産地として成り立たなくなってしまうという危機感を持っています。
 そこで今年のトマトは、今までよりも少し播種時期や定植時期を早め2月からある程度の出荷ができるような生産体制をとっています。
 ハウス内の環境を制御し、トマトがすくすくと育つ環境を作り出すことで、収量も食味もアップさせていこうという取り組みを生産者、JA、県、市で連携して取り組み、平均収量10アール当たり20トンを目指しているところです。
 他県のトマト産地もここ数年の単価下落に危機感を持っており、産地間で競争するだけではだめだと、最近では力を合わせてトマトの需要拡大に向けた取り組みを行っています。
 例えば冬場の消費落ち込み対策として、調味料メーカーと連携して、トマトの味噌汁を提案してみたり、試食宣伝会でトマト鍋を提供したり、寒い時の食べ方を提案しています。
 トマトの味噌汁は作るのも簡単で体が温まり、栄養価も高いので是非藤沢産のトマトで試してみてください。
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.