安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
paneru09
paneru09
miyazawahdrhdr

 

藤沢洋蘭を訪問

藤沢市西俣野で洋蘭の生産販売を営む若き2代目 湯澤 雄一(ゆざわ ゆういち)さんにお話しお聞きしました。農業や洋蘭の生産にかける楽しく興味深いお話しをたくさんいただきました。
(取材日:2020年4月3日)

 

2.P1020386
3.fy02

 

プロフィール

1984年4月17日生まれ36歳、東京農業大学卒業後、市内洋蘭農家の研修を経て就農。
洋蘭の生産販売はお父様の代から始めて、カトレアの切り花を中心に約30年間になります。ご本人は2代目になりますが、カトレアだけでなく、生産直売に適している胡蝶蘭の生産をしたいとの強い思いから、市内の胡蝶蘭生産者で一年間の武者修行を体験しました。
現在2児(息子2人)の父親で、息子に農業の面白さが伝わるような仕事をしっかりやって3代目に育成することが夢だそうです。

 

 

胡蝶蘭とカトレア

洋蘭は主に胡蝶蘭とカトレアの生産販売です。“幸福がとんでくる” が花言葉の “胡蝶蘭” と“洋蘭の女王” こと “カトレア”、この2種類を周年栽培しています。高品質の洋蘭を生産するために日々研究し、新しい花色・形状など一つ一つにこだわっています。
栽培は温室です。温室内の胡蝶蘭は年中開花しています。カトレアは光を当てて周年開花させており、香りが特徴です。
丁寧な作業を心掛け、丹精込めて栽培している洋蘭はこうして消費者のもとへ届けられています。

 

miyazawa20191121_132111w640
miyazawa20191121_132354w640

 

 

こだわりの「花もち」生産販売

胡蝶蘭の持つ華やかさだけでなく、「花もち(花が長持ちする)」に注目しています。綺麗なことはもちろん、花もちする花を生産すること、また1日でも長く花がもつようにと尽力されています。お客さんから『藤沢洋蘭のお花は長持ちするね』という声が一番の励みになっているそうです。
藤沢洋蘭は健康で丈夫なお花を育てている生産者の証「日持ちさんマーク」にファレノプシス(鉢物)とカトレア(切花)が第1号認定生産者になることができました。このマークは消費者がなるべく長く花を楽しめるための技術・作業を実践している生産者・生産団体だけが使えるマークです。
             *参考:認証機関 一般社団法人 日本花き生産協会

 

miyazawa20191121_132111w640
miyazawa20191121_132354w640

 

インタビュー

ーー育てている花の種類をお聞かせください。

湯澤雄一さん(以下湯澤):現在はカトレア約50種類と胡蝶蘭約20種類です。
カトレアは1500坪、胡蝶蘭300坪ほどの広さで栽培しています。

 

ーー苗はどのように入手されていますか。

湯澤:カトレアは自園での交配による新品種の作出(さくしゅつ)株分けとメリクロン(組織培養)による増殖です。胡蝶蘭は台湾から輸入しています。

 

ーー出荷先やクライアントは?

湯澤:都内・県内外の花市場、わいわい市(藤沢・寒川)、生花店、そして当園の直売です。

 

ーー生産にあたってのこだわりや工夫についてお聞かせください。

湯澤:一番は花もちの良いものを生産することです。いくら綺麗な花でも、長持ちしない花では意味がありません。 またお客様が本当に求めている花を生産することです。特に、色と大きさは年によって大きく変わります。直接買いに来てくれたお客様の声を大切にすること、その対応が大切なのです。今年は濃い色を予想しましたがうすい色が好まれました。どちらでも対応できる柔軟さが重要なのです。

 

ーー洋欄の上手な育て方や手入れ方法を教えて下さい。

湯澤:洋蘭は乾燥にとても強い植物です。水やりは少なく、薄いカーテン越しで日当たりの良いところ、温度は10℃を切らない場所での管理が適当です。胡蝶蘭は育てるのが難しいと言われますが、長く楽しむためにおさえてもらいたいポイントが2つあります。 1つは、根元に水をためるので、水やりは目安で夏季は10日に1回、冬季だと1か月に1回程度で十分です。水が多いと根腐れをしてしまいます。2つ目は、なるべく暖かいところに置くことです。人が普段いるような暖かいところへ置いてあげてください。 この2つのポイントをおさえれば胡蝶蘭をうまく育てることができると思います。

 

ーー洋蘭の生産で嬉しいことや大変なことは何でしょうか。

湯澤:嬉しいことは、お客様に「藤沢洋蘭のお花はいつも長持ちするね」や「たくさんあった花の中でも藤沢洋蘭から送ってもらったお花が最後まで咲いていたよ」と言っていただくことです。 大変なことは、年によって気象条件(気温・日照時間など)が大きく変わってくるのでその対応が大変です。

 

ーー参加しているイベントや活動はありますか

湯澤:品評会には積極的に参加しています。これまでも全国洋らん品評会で金賞、 藤沢市園芸まつり品評会で優等を受賞することができました。 また一般社団法人 日本花き生産協会 日持ち性向上生産管理基準認定 ファレノプシス(鉢物) カトレア(切花)どちらも第1号認定生産者となることができました。

 

ーー消費者(市民)に伝えたいことをお願いします。

湯澤:洋蘭は難しいイメージがありますが、実際は手間がかからない観葉植物で、忙しい方々にはピッタリのお花です。洋蘭栽培の経験がない方でも、ポイントさえ押えれば翌年も咲かせることができます。また洋蘭の全国への発送も行っおり、ラッピング・立札のご利用もできます。ぜひ一度、藤沢洋蘭に足を運んでみてください。

 

miyazawa20191121tuika2

 

 

 
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.