安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
paneru09
sakurai03

 

(株)湘南ファームを訪問

藤沢で最大の飼育規模を誇る(株)湘南ファームを訪問、取締役の桜井義輝(さくらい よしてる)さんにいろいろとお話を伺って来ました。
平成26年に設立した(株)湘南ファームでは現在総頭数1800頭の牛を8か所の牛舎で飼育。今回の訪問ではそのうちの二か所、遠藤農場と茅ヶ崎農場に案内していただきました。
(取材日:2019年4月19日)

 

遠藤農場・茅ヶ崎農場

遠藤農場で最初に目に入って来たのが大きな牛舎、そこでは黒毛和牛(ブランド名は湘南和牛)を中心に現在300頭が飼育されており、快適な環境のもとでこだわりの餌を食べながら元気に生育を続けるたくさんの牛に出会いました。

飼育している牛種は、主に黒毛和牛(ブランド名は湘南和牛)、交雑種(ブランド名はやまゆり牛)、ホルスタイン(ブランド名はさがみ牛)の3種類。
それぞれに肉質や味に特色があります。
shonanfarm20190419w640遠藤農場の牛舎
shonanfarm20190419hataw500遠藤農場にて
shonanfarm201904chigasaki02交雑種(やまゆり牛)の子牛 茅ヶ崎農場にて

 

インタビュー

ーー飼育にあたっての桜井さんのこだわり、工夫はなんですか。

桜井義輝さん(以下:桜井)もっともこだわっているのが飼育用の餌!です。
一般飼料に加えてビール粕、それに豆腐粕(おから)を配合することです。その配合の微妙なさじ加減の工夫を重ねてそれぞれの牛種(黒毛和牛、交雑種、ホルスタイン)の肉質の特徴をうまく引き出すことに繋がりました。ここに最もこだわり成功しました。
ビールのしぼり粕にはたくさんの酵母、豆腐粕には良質なたんぱく質が多く含まれる為、肉質や味を決める重要な要素になります。

 

ーー桜井さんおすすめの食べ方、独自のレシピを教えてください。

桜井:一番のお勧めはシンプルに塩で焼いて食べること!素材の旨みが引き立ち一番の食べ方です。
次に「しゃぶしゃぶ」、他に「すき焼き」や「焼き肉」など食べ方はいろいろありますが、その人の好みに応じて召し上がってください。
直営牧場「湘南ファーム」で育てた自慢の牛肉は素材そのものを美味しく召し上がって頂きたいですね。
「肉のさくらい(桜井商店)」では直営農場(湘南ファーム)で育てた新鮮な牛肉を提供しています。また遠方からもわざわざさくらいの肉を買いに来てくれるお客様もたくさんいます。

 

ーー農業をしていて嬉しいことは?

桜井:お客様からさくらいの肉は美味しかった!という言葉を聞かせてもらえた時。
消費者の皆様に美味しい肉をいつも提供することを心掛けています。
(株)湘南ファーム(直営牧場)そして(株)櫻井商店(肉のさくらい)は地元藤沢で60年以上の歴史があり、桜井ファミリーを中心に順調に発展を続けています。
拡大のチャンスがあれば飼育頭数をさらに増やしたい。
イベントにも積極的に参加、全国共進会(※)には過去二度、関東共進会には過去何年も前から参加しています。
※ 共進会 : 牛の品評会のこと

 

ーー消費者に伝えたいことをお願いします。

桜井:手間と愛情をかけ、自然に恵まれた環境のもと、こだわりの餌で育てた藤沢産の牛肉を是非一度味わってみて下さい。

 

(株)櫻井商店「肉のさくらい」

sakuari01
sakuari02
〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤3210  Tel 0466-87-7781
⇒ 株式会社 櫻井商店 & 株式会社 湘南ファームのホームページ

 

 
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.