安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
siru
新鮮な農産物を手頃な価格で手に入れることができるのが直売所の魅力。
生産者との交流も楽しみ、農水産物直売所に足を運んでみてください!
旬の果物
 ●旬の果物 イチゴ  2020/01
1月のくだものは「イチゴ」です。先月のイチゴの相場は、12日から上昇し21日に1パック1,100円となったのがピークでした。前年よりも200円安い相場となりました。昨年は台風の影響で栃木県を中心に出遅れが目立ちましたが、クリスマス需要にはなんとか間に合い、例年並みの相場展開となりました。
 イチゴはバラ科の植物で、現在栽培されているイチゴの原型はオランダで生まれたそうです。日本には江戸時代の末期にオランダから伝えられ、1888年に新宿御苑で日本最初のいちご品種「福羽」が育成されました。
藤沢では、1919年に福羽イチゴの栽培が行われましたが、産地化には至らなかったそうです。それから100年が経過し、今では藤沢でも「とちおとめ」や「紅ほっぺ」といった品種が栽培されていて、直売所を中心に販売されています。イチゴの相場は比較的安定しているので、今後イチゴを生産する農家は増えてくるのではないかと思います。
話は変わりますが、「初競り」で毎年マグロの相場が話題になりますが、今年の大田市場の「初競り」では、山形県のさくらんぼ500グラムに80万円という値がつきました。キログラム単価にすると160万円ですので、大間のマグロの初競りの2倍以上ということになります。その割には話題にならないのが残念です。
 年始のご祝儀相場だけでなく、一年を通して安定した相場で日本の農業にとっていい年になることを祈っております。今年もよろしくお願いいたします。
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.