安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
kyunsiru

買う!

新鮮な農産物を手頃な価格で手に入れることができるのが直売所の魅力。

生産者との交流も楽しみ、農水産物直売所に足を運んでみてください!
旬の果物 梨
 ●旬の果物 梨  2019/8
 藤沢のくだものファンの皆様、お待たせいたしました。ようやく藤沢のくだものの季節がやってまいりました。広報ふじさわ7月25日号でも「くだもの特集」を掲載させていただき、市民の皆様から藤沢のくだものについてお問い合わせをいただいております。
 さて、今年の果樹栽培は5月4日に降雹により梨に甚大な被害があり、その後の長雨、曇天でブドウ(特にシャインマスカット)に病気の発生という大変厳しい状況となっております。
 しかし、そんな条件下でも藤沢の果樹農家は、きっちりとおいしいくだものを仕上げてくれています。
 7月下旬には、あけみず、喜水(きすい)、筑水(ちくすい)といった早生(わせ)種の梨が直売所に並び始めました。早速あけみずを試食してみましたが、長雨の影響で若干糖度が例年よりも低いかなという感じはしましたが、食感や味のバランス、みずみずしさは文句なしでした。
 梨の主力品種である幸水(こうすい)は、8月10日頃から収穫できそうですが、潤沢に出回るのは8月下旬になりそうです。出回りの早かった昨年と比べると2週間ほど遅れていますが、例年と比べると4~5日の遅れといったところでしょうか。
 梅雨明け後の天候がいいことから今度糖度も上がってくると思うので、これからおいしい藤沢産の梨が直売所に並びますよ。8月10日の元気バザールで梨の試食を行いますので、皆さんぜひ試食して、おいしいと思ったら買ってくださいね。
 ●旬の果物 なし  2018/07
 7月のくだものといえば・・・お待たせいたしました。ようやく「藤沢のくだもの」の季節がやってまいりました。「藤沢のくだもの」の先頭バッターは「なし」です。
 現在、日本で流通している「なし」は大きく分けると「日本なし」「西洋なし」「中国なし」に分類できます。
 「日本なし」は「幸水」や「豊水」といった果皮が褐色になる「赤なし」、「二十世紀」に代表される果皮が黄緑色になる「青なし」がありますが、藤沢で生産されている「日本なし」のほとんどが「赤なし」です。
 「西洋なし」の代表的な品種としては、山形がトップシェアの「ラフランス」、新潟県産がギフトで人気の「ルレクチェ」があげられます。いずれも藤沢で生産されていますが、数量は極僅かです。
 「中国なし」は全体的に流通量も少なく、皆さん馴染みがないかもしれませんが、北海道の余市で生産されている「千両なし」や「鴨梨(ヤーリー)」「慈梨(ツーリー)」といった品種が流通していますが、藤沢では見たことないですね。
 さて、今年の藤沢産の「なし」ですが、花の時期から1週間から10日程生育が早く、7月上旬には神奈川県育成品種の「あけみず」が直売所の店頭に並びそうです。
 最も生産量の多い「幸水」は7月下旬には販売スタートになる見込み。今年は果物全体的に前進傾向なので、いつものつもりで買いに行くと販売が終了しているというケースも考えられるので、早めに買いに行くことをお勧めします。
 ●旬の果物 梨の白い花  2018/04
 くだものとしては「旬」とは言えませんが、間もなく梨の白い花が満開期を迎えます。梨の花は晩生種の「新高」等から咲き始め、「豊水」、「あきづき」の後に「幸水」という順に花を咲かせます。早く花を咲かせたものほど収穫時期が遅くなるのが梨の特徴です。
今年は桜の開花と同様に梨の開花も例年より早く、出荷が始まるのも早くなりそうです。数か月後に食すことのできる「藤沢の梨」の味を想像しながら、真っ白な梨の花を眺めるというのも趣があっていいですよね。
ちなみに梨の花の花言葉は「愛情」だそうです。藤沢の生産者が愛情込めて育てた梨の木に、きれいな花が咲き、そしておいしい実をつける、視覚と味覚両方で梨を楽しむことができるのが、藤沢のいいところですね。
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.