安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
kyunsiru

買う!

新鮮な農産物を手頃な価格で手に入れることができるのが直売所の魅力。

生産者との交流も楽しみ、農水産物直売所に足を運んでみてください!
旬の野菜 イモ
 ●旬の野菜  「甘藷」(サツマイモ)  2018/9
 9月の野菜は「甘藷」(サツマイモ)です。
 「藤沢でサツマイモ」といってもあまりピンとこないかもしれませんが、昭和初期には藤沢市域で生産されている農産物の中で、甘藷が生産額第一位だったそうです。
 戦前から戦中のころ生産されていた甘藷は「高座赤」「太白」「源氏」といった品種で、主に関西方面や東京の神田市場に出荷され「相州甘藷」として名を馳せていたと言われています。
 当時、藤沢駅前に千俵あまりの芋俵が並んだそうで、壮観な出荷風景だったようです。
 戦後は、食料増産が第一だったことから、味はともかく実が大きくなる「沖縄百号」などの品種が導入され、食用としてだけでなく、全国各地に建設された澱粉工場の原料となったそうです。
 さて、現在藤沢で生産されている甘藷は、117の経営体(農家等)が生産しており、作付面積は7ヘクタール(2015年農林業センサス)となっています。
 生産されている品種としては、関東地方で代表的な品種と言われている「ベニアズマ」、オレンジ色の果肉で甘みが強く、ねっとりとした食感の「安納芋」、紫芋の中では糖度も高く食味がいいと評判の「パープルスイートロード」など様々な品種の甘藷が生産されています
 比較的新しい品種としては、今までの甘藷の甘さを「はるかにしのぐ」品種として登場した「ベニハルカ」や、絹のような舌ざわりといわれる滑らかな食感が特徴の「シルクスイート」などが生産されています。
 9月になると直売所に様々な品種の「甘藷」が並ぶので、食べ比べをしても面白いですね。名前負けしない品種かどうか確かめてみてはいかがでしょうか。
 ●旬の野菜  サトイモ  2017/10
 秋ですね~ 秋といえば「サトイモ」ですね!
 藤沢でも土垂(どだれ)や石川早生(いしかわわせ)といった「ねっとり系」の品種や赤い芽が特徴の「ほくほく系」のセレベスという品種が栽培されています。9月中旬頃から「わいわい市」などの直売所に並び始めて、10月には数量も増えてきます。漁港の直売所で買ったイカと「わいわい市」で買ったサトイモで煮物なんていかがでしょう?
 特徴的な品種としては、神奈川県が育成した「俵芋」という俵に似た形のサトイモがあるので、直売所で見かけたら是非食べてみてください。
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.