安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
kyunsiru

買う!

新鮮な農産物を手頃な価格で手に入れることができるのが直売所の魅力。

生産者との交流も楽しみ、農水産物直売所に足を運んでみてください!
旬の野菜 一覧
 ●旬の野菜  「トマト」  2019/3
 3月の野菜は「トマト」です。先月もトマトでしたが、しばらく「トマト押し」で行こうと思ってます。決してネタ切れになったわけではなく、どうしてもトマトをPRしたいんです。
 さて、ここ数年トマトの相場が低迷していることは先月も書きましたが、最近発表された統計データを見て驚いてしまいました。
 平成31年1月の東京都中央卸売市場のトマトの入荷量は5,770t、キロ単価は314円でした。前年と比較すると、入荷量が101%、単価が79%です。1%入荷が増えただけで、単価は21%も下がっているのです。
 このままいったらどうなるのかと思いましたが、2月に入って主力の熊本の出荷がピークを過ぎて、東京都中央卸売市場の入荷量も前年を下回ってきているようです。
 ただ、熊本のトマトは3月中旬から春トマトのピークに入ることから、トマトを生産している各県、各産地は売り場確保のため積極的な試食宣伝を行っているところです。
 藤沢のトマトも例年より半月ほど早く選果場をオープンさせ、県内を中心に市場出荷していますが、スタートから単価安に悩まされています。
 今年の藤沢のトマトは皮が薄くて、例年よりも味がいいと思うので、消費者の皆さんに食べていただく機会を作り、なんとかこの相場の低迷から抜け出したいと思います。
 そんなわけで、今月はイベント目白押し。3月9日は藤沢駅北口サンパレットで「ふじさわ元気バザール 藤沢野菜市」、10日は片瀬漁港で「みなと春まつり~藤沢産をまるごといただきます~」、16日、17日は藤沢駅コンコースで藤沢産野菜の即売会。
 同じく16日には地産地消講座で「トマトを収穫してトマトプリンを作ろう」と、どのイベントも藤沢産のトマトを猛プッシュしてますので、トマトファンの皆様お待ちしております。
このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.