農園・直売所
お魚の一口知識
noen-chokubaijo-ichiran-banner osakana-banner1 kudamonohitokuti banner shunyasaihitokutiーbanner facebook banner
 
 ●お魚の一口知識  2018/04
陽だまりで温かい日が多くなり海岸の人出も多くなりました。4月と言えば新入学や新社会人等新しい出発感のある季節です。先日開花した桜がそろそろと散り始めると、あわただしく春が行ってしまう気分になりがちです。しかし、これからが春本番です。

先月の片瀬漁港のみなと春まつりは天気も良く大勢の人でにぎわっていました。直売所の魚も多くイワシやアジやカマスやイカの他ホウボウ、カサゴ、タイ等々魚種も量も沢山販売していました。 20分ほど行列してアジ、イワシ、ワカメなどを求めてきました。漁港内では湘南はまぐり、藤沢産野菜、藤沢産利用推進店や地元の名物料理のフードトラックが出店し美味しそうなにおいが充満していました。

港の直売所は朝の開店に出遅れると目的の魚が買えない日もあり、地元のサカナ好きには人気の場所です。
水産庁の資料によれば、日本は世界有数の魚食大国です。魚介類供給量が多い国ほど平均寿命が長い傾向がみられ我が国が世界の長寿国となっているのも、魚食が大きな影響を与えていると考えられています。しかし全国的には魚離れ傾向のようで、平成21年に拮抗していた肉と魚の消費量が逆転して、肉消費が拡大しています。昭和40年にはアジ、サバ、イカが消費の上位3位ですが、今はサケ、イカ、マグロに変化しています。スーパーで下ごしらえの済んだ魚が好まれるのでしょう。魚料理は調理が面倒なうえにグリルが汚れたり魚臭さが嫌われたり、主婦が料理を面倒と思ったのか・・少し残念です。 町の鮮魚店が減り、威勢のいい魚屋の親父に料理の能書きを聞きながら魚をさばいてもらうことも少なくなったせいでしょう。
漁港の直売所は希望する料理に応じて下ごしらえしてくれるまさに港の鮮魚店です。

この日買ってきたアジはアジフライに。シコイワシはザルに一杯買って唐揚にしてから南蛮漬けに。春の新ワカメは新タマネギと柚子でサラダに。メカブはよくたたいてから玉子と鰹節を入れて、ワカメの茎の部分はキンピラに。肉厚のワカメはシャブシャブにしてポン酢でいただきました。 どれも新鮮で、安くて、健康的で、旬の美味しさがあり、手軽な料理ばかりですが大満足です。