noen-chokubaijo-ichiran-banner osakana-banner1 kudamonohitokuti banner shunyasaihitokutiーbanner facebook banner
 
お魚の一口知識
 ●お魚の一口知識  2017/12
平成30年になりました。平成元年はまだバブルと言われた時期でしたが、あっという間の30年間でした。
おせち料理やおめでたい席に用意されるマダイの平均寿命は25~30年。ハタ類は40~50年と言われていますので、昭和生まれや平成初期生まれの魚も江の島沖には泳いでいることでしょう。魚にはDHA、EPA、タウリン、カルシウムや良質なタンパク質などの栄養素が含まれ、血液の流れをさまたげる悪いコレステロールや脂肪を減らすはたらきや動脈硬化や心筋こうそく、脳血せんなどの成人病を予防する力があります。今年も地元の新鮮な魚で旨い料理を食べ、健康管理もしていきたいものです。

江の島沖の定置網は、江の島の南1kmほどで片瀬漁港から約3kmにあります。
定置網漁は定置網漁船「第十一江の島丸」で夜明け前に出漁して網締めして、とれた魚は、氷をきかせて魚種別に最適な状態で鮮度管理し、漁場が近いため10分ほどで片瀬漁港に帰港して水揚げします。
江の島片瀬漁協直営の直売所では、朝まで泳いでいた魚を9時に販売を始めるので、とれたてのカマス、イワシ、アジ、サバなど旨い大衆魚が手軽に買えます。
また生けすにはタイ、ヒラメ、タコ、イセエビなどが活きたまま販売され、その場で〆たりおろしたりしてくれますので、手軽に利用できます。
漁港から東側の赤標識灯越しに見える江の島や西側の白標識灯の先に見える雪の富士山は目をみはる美しさです。