安全・安心おいしい藤沢産を味わおう!

検索

キーワードを入力してください
検索・お問い合わせ
s5 logo1200
メールマガジン

「おいしい藤沢産通信」(毎月1回配信)
藤沢市の農業・水産業に関する新着情報を月1回配信します。
kyunsiru

メールマガジン

「おいしい藤沢産通信」(毎月1回配信)
藤沢市の農業・水産業に関する新着情報を月1回配信します。
メールマガジン配信サービス
qr code【おいしい藤沢産通信】は、ケータイやパソコンで受信することができます。
arrow47_003 ご利用規約と登録方法 (QRコードを読み取って空メール送信でカンタン登録)
arrow47_003利用登録・変更トップページ
★☆ おいしい藤沢産通信 2019年2月 ☆★
 立春も過ぎ、春の訪れが待ち遠しいですね。 今年度も、藤沢・茅ヶ崎・寒川の色とりどりのお花が集まる「湘南花の展覧会」が、2月15日、16日にテラスモール湘南で開催されます。ぜひこの機会に市内のお花をお楽しみください♪

☆★☆  おいしい藤沢産通信  ☆★☆
◇お知らせ
〇ふじさわ元気バザール~藤沢野菜市~ 2月9日開催
〇湘南花の展覧会開催
〇バラ、スイートピーの立毛

○ふじさわ元気バザール~藤沢野菜市~のお知らせ
 日時:2月9日(土)午後2時~午後4時
 場所:藤沢駅北口サンパレット

○湘南朝市のお知らせ
 日時:毎週土曜日午前8時~午後1時
 場所:湘南藤沢地方卸売市場

◇旬菜旬食レシピ
  旬の食材を使った簡単でおいしいレシピを公開中
   ⇒作るページへ

◇市内直売所情報を配信する「直売所」随時更新中!
   ⇒ ★新着情報詳しくはこちら!

〜旬の農産物〜
2月は、カブ・トマト・ネギ・ホウレンソウ・ダイコン・イチゴ・ミカン・スイートピーなど様々な農産物が旬を迎えます。ぜひ市内直売所に足を運んで、旬を満喫してください。
※農産物の有無については、気候、直売所により異なりますのでご了承ください。

〜旬の野菜〜
 ようやく雨が降りましたが、畑のカラカラ状態解消とまではいかなそうですねぇ~・・・1月は野菜全体的に荷動きはいまいちという感じでしたが、2月は干ばつの影響が出始めるのではないでしょうか。
 さて、2月の野菜ですが、藤沢産の野菜で最も生産量の多い「トマト」を紹介したいと思います。2月にトマトと思われるかもしれませんが、本市のトマトは冬から春にかけて収穫される「冬春トマト」が中心となっています。
 冬から出荷されるので当然ハウス栽培となりますが、その平均収量は10アール当たりで約13トンと言われており、年々単価が下がっているトマト相場を考えると、収穫時期を長くして収量を増やしていかなければトマトの産地として成り立たなくなってしまうという危機感を持っています。
 そこで今年のトマトは、今までよりも少し播種時期や定植時期を早め2月からある程度の出荷ができるような生産体制をとっています。
 ハウス内の環境を制御し、トマトがすくすくと育つ環境を作り出すことで、収量も食味もアップさせていこうという取り組みを生産者、JA、県、市で連携して取り組み、平均収量10アール当たり20トンを目指しているところです。
 他県のトマト産地もここ数年の単価下落に危機感を持っており、産地間で競争するだけではだめだと、最近では力を合わせてトマトの需要拡大に向けた取り組みを行っています。
 例えば冬場の消費落ち込み対策として、調味料メーカーと連携して、トマトの味噌汁を提案してみたり、試食宣伝会でトマト鍋を提供したり、寒い時の食べ方を提案しています。
 トマトの味噌汁は作るのも簡単で体が温まり、栄養価も高いので是非藤沢産のトマトで試してみてください。

〜旬のくだもの〜
 2月のくだものは「イチゴ」です。先月もイチゴを紹介しましたが、2月にはいり、より一層おいしくなってくるので、今月も紹介させていただきます。
 さて、2月1日から11日まで、全国のイチゴマニアが待ちに待ったイベント「横浜ストロベリーフェスティバル」が横浜赤レンガ倉庫で開催されています。このイベントは今年で7回目を迎えますが、昨年は24万人以上のイチゴマニアが来場したほどの人気イベントです。

 各県のオリジナル品種が日替わりで無料配布されたり、イチゴのスイーツが楽しめたり、イチゴ好きにはたまらないイベントなんですが、残念ながら本市のイチゴは会場で食べることができません。藤沢産イチゴを食べたい方は是非直売所へ。
 2月9日(土)午後2時から4時まで、藤沢駅北口のサンパレットで開催される「ふじさわ元気バザール~藤沢野菜市~」でも、タイミングが合えば藤沢産のイチゴが販売されるかもしれません。皆様のご来場お待ちしています。

■□■ 湘南江の島 片瀬漁港へようこそ ■□■
◇お魚ナマ情報
相模湾は急深ですが江の島の先約100mのところに瀬があり潮流がぶつかる好漁場となっています。今は地場産ならではの冬のお魚で大賑わいですが特にイカ類は種類も量も豊富です。

~旬のお魚~
 ヤリイカの食べ頃は初春といわれています。刺身、すし種として食べるほか2月には卵巣が大きくなり、子持ちイカとして丸ごと茹でたり、煮て食べます。肉のやわらかさと、卵の溶けるような食感は特に人気があります。

○片瀬漁港では毎日が直売です!
   鮮魚・活魚とも旬で新鮮なお魚をお得に買えます。

 このところのお魚はヤリイカ・スルメイカ・マルイカ・メトイカ・ジンタ・アオアジ・コアジ・メアジ・サバ・ウルメイワシ・カタボシイワシ・ホウボウ・イナダ・ヤガラ・タチウオ・サゴシなどです。

 「活魚」は ヤリイカ・マルイカ・スミイカ・アオリイカ・スルメイカ・マダイ・カワハギ・ホウボウ・イシダイ・ヒラメ・メジナ・ウツボ・タカノハダイ・スズキです。

  *天候・漁の状況等によって臨時休業する場合や他の市場で揚がった魚の場合もあります。そのほか不定期なお休みもあります。

  *お魚料理の苦手な方は捌いてもらえます!
  *販売時間は午前9時~12時まで、売り切れ次第終了です。毎週土曜日はお休みです。
  *海況によって出船できない場合もあります。「直売」のぼりが販売の目印です。
  *車でお越しの場合は漁港駐車場をご利用ください。
  今日のお魚や営業日程は、江の島片瀬漁港協同組合ブログへ⇒ http://ekgyokumi.blog95.fc2.com/

 ○藤沢市漁業協同組合では「湘南はまぐり・ながらみ」の直売を行っています。

  *直売は毎週、火・木・土・日の10時~15時の予定ですが、変更される場合がありますのでブログをご確認ください。
  *海況によって、漁に出られない場合がございます。
  *車でお越しの場合は、お近くの有料駐車場をご利用ください。
  *藤沢市漁業協同組合ブログ⇒ http://jfxfujisawa.blog.fc2.com/
  *1月、2月は朝市の開催はありません。

【編集】NPO法人湘南ふじさわシニアネット
【発行】神奈川県藤沢市農業水産課〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1-1 電話 0466-25-1111(代表)

このサイトは藤沢市およびNPO法人湘南ふじさわシニアネットが協働で運営しています。
oishiifujisawa.
お問合せ: icon mailto →こちらから |  サイトのご利用にあたって
Copyright 湘南ふじさわシニアネット 2012. All Rights Reserved.