newtisan6

おいしい藤沢産通信 2017年8月

☆★☆ おいしい藤沢産通信 2017年8月 ☆★☆
みなさん、こんにちは。
梅雨も明け暑い日々が続いております。夏休みも始まり、市内各地のイベントも多く楽しい季節になってきました。
さて、藤沢の夏と言えば「くだもの」です。おいしい藤沢産にも市内の果樹農園の情報が掲載され始めました!とれたての果物を味わいに、ぜひ直売所に足をお運びください♪

☆★☆  おいしい藤沢産通信  ☆★☆
◇お知らせ
○宮原ブルーベリー摘み取り農園が今年も開園!
○鵠沼のナスが収穫期を迎えています
○地産地消講座「ふじ育」を開催しました♪
○第2回食育講座を開催しました!

○湘南朝市のお知らせ
 日時:毎週土曜日午前8時~午後1時
 場所:湘南藤沢地方卸売市場

◇おいしい藤沢産トップページはこちらから!  ⇒ oishiifujisawa.jp/

◇旬菜旬食レシピ
 旬の食材を使った簡単でおいしいレシピを公開中  ⇒ http://oishiifujisawa.jp/shunsai-shunshoku-recipe.html

◇市内直売所情報を配信する「農園WEB+」随時更新中!
   ★新着情報詳しくはこちら!
  ⇒ http://oishiifujisawa.jp/
~旬の農産物~
8月は露地ナス・落花生・ナシ・ブドウ・夏秋の鉢花など様々な農産物が旬 を迎えます。
ぜひ市内直売所に足を運んで、旬を満喫してください。
※農産物の有無については、気候、直売所により異なりますのでご了承ください。

■□■ 湘南江の島 片瀬漁港へようこそ ■□■
◇お魚ナマ情報
☆日によって揚がる魚は海まかせです、定置網で揚がった魚が販売されています。

アオアジ・ムツ小・アジ・イワシ・ハモ・クロサギ・ワカシ・サゴシ・ハナダイ・カイワリ・カタボシイワシ・マダイ・ホウボウ・カマス・水カマス・メアジ・エボダイ・ヒラメ・マルイカ・サバ・シイラ・ソーダなどです。

☆「活魚」は、奥の生簀を覗いてください。
活魚は、ハマグリ・マダイ・マゴチ・イシダイ・カワハギ・ヒラメ・タコ・ナガラミなどいろいろです。

○お魚の一口知識
東京などから電車で藤沢の駅に着くと東京よりもいくらか涼しく感じます。
海が近いせいか、海陸風の影響で空気が循環しているせいでしょうか、夏の平均気温も、気象庁のデータでみると東京よりも、辻堂で2度ほど低いようです。ほんの少し涼しいのも海が近いせいでしょうか。

藤沢市漁業協同組合では、7月から「湘南はまぐり・ながらみ」の直売所を辻堂海浜公園近くにオープンしました。毎週火曜日、木曜日、土曜日、日曜日、10時~15時です。今年は「湘南はまぐり」が“かながわブランド”と“ふじさわ特産品”に認定され、肉厚で旨み豊か、幅7cm以上のハマグリだけが漁獲され、「湘南はまぐり」のブランドで出荷されています。
また、「湘南ながらみ」も今年“ふじさわ特産品”に認定されました。
ナガラミは小型の巻貝で居酒屋のおつまみで塩茹でしたものが良く出ます。
直売所では砂抜きされた新鮮な「湘南はまぐり」や「湘南ながらみ」が販売されています。ハマグリもナガラミも想像以上に大きく、ハマグリは焼き蛤やお吸い物に、ナガラミは大きくて食べごたえがあり、「湘南ながらみ」は今まで食べた中で一番旨いと感じました。

片瀬漁港の直売所に夏休みに入った日曜日に行ってきました。子供連れのご近所さんもいて、賑わっていました。大きくなってきたカマスや、この時期はブリの稚魚のワカシや小ムツ、イワシやマダイなどの他に、夏の魚コチやソーダカツオ等が並んでいます。オイルサーディン用にイワシを買い求めました。15尾ほどで300円足らず。生簀には生きたタコやヒラメなどが泳いでいました。
漁師さんが獲ってきたばかりの魚のおいしい食べ方を一生懸命に説明してくれます。
また、買った魚を料理に合わせてさばいてくれ、氷の入った袋に入れてくれるのもチョットいい感じです。

片瀬漁港の泊地には、遊漁船や漁船が係留されており、江の島を眺めながら船の出入りを見ているだけでのんびりとした気分になります。


◇知っ得情報
 ○片瀬漁港では毎日が直売です!
   鮮魚・活魚とも旬で新鮮なお魚をお得に買えます。

   *お魚料理の苦手な方は捌いてもらえます!
   *販売時間は午前9時~売り切れ次第終了です。毎週土曜日はお休みです。
   *海況によって出船できない場合もあります。「直売」のぼりが販売の目印です。
   *車でお越しの場合は漁港駐車場をご利用ください。
今月の片瀬漁港の朝市は8月6日(日)の予定です。
        今日のお魚や営業日程は   ⇒  http://ekgyokumi.blog95.fc2.com/

 ○藤沢市漁業協同組合では「湘南はまぐり・ながらみ」の直売を行っています。

   *藤沢市漁業協同組合では毎週、火・木・土・日の10時~15時で直売をしています。
   *車でお越しの場合は、近くの有料駐車場をご利用ください。
   *藤沢市漁業協同組合
   住 所:藤沢市辻堂東海岸4-3-21
   連絡先:0466-36-8220
 

~旬の野菜~
 夏野菜といえば「ナス」ですね!
 ナスの成分はほとんどが水分ですが、紫の皮には「ナスニン」というポリフェノールの一種が含まれています。ナスニンは活性酸素の働きを抑え、血液をきれいにし、動脈硬化や高血圧を予防する効果もあると言われています。
 この時期直売所に行くと、短ナスの代表品種「千両2号」をはじめ、長くて皮のやわらかい「長ナス」、緑色のヘタが特徴の「米なす」、みずみずしくてアクが少なく、生でも食べることのできる「水ナス」、他にもゼブラ模様のナスや、青ナス、白ナスといったカラフルなものまで、毎日食べても飽きないくらい様々な品種のナスが並んでいます。
 おいしいナスの選び方は、皮に張りとつやがあり、ヘタまわりの実の部分が白く縁取りされているものを選びましょう。よく「トゲが痛いぐらいのものが新鮮」と言われますが、最近は「トゲなし」の品種が多くなっているので、トゲだけで新鮮さを判断しないほうがいいですよ。やはり全体的なつやと手に取ったときの重量感が重要ですね。
 新鮮な「藤沢のナス」を食べて、夏をのりきりましょう!

~旬のくだもの~
 8月のくだものといえば「ブドウ」。その中でも藤沢生まれの「藤稔」は、大粒で皮離れもよく、とても食べやすい品種です。この「藤稔」、実は「プレジデント」という名前になるはずだったんです。でも、品種登録するときに、その名前が使えないということがわかり、藤沢で稔ったブドウということで「藤稔」となったそうです。同じようなエピソードは他のブドウにもあり、「ピオーネ」という品種は、最初は「パイオニア」と名付けるはずだったのが、その名前が使えず、同じ意味のイタリア語で「ピオーネ」となったんです。
 どちらも今の名前で定着しているので、今の名前になってよかったなと思います。
メールマガジン
「おいしい藤沢産 通信」(毎月1回配信)
藤沢市の農業・水産業に関する新着情報を月1回配信します。
・藤沢市の地産地消事業紹介(講座募集・イベント開催告知など)
・藤沢産の食材の旬情報
・片瀬漁港の朝市情報
・市内の直売所情報

などをホームページにて詳細を掲載します。

本メールマガジンをご利用いただきますようお願い申し上げます。
メールマガジン配信サービス
【おいしい藤沢産 通信】は、ケータイやパソコンで受信することができます。
arrow47_003ご利用規約と登録方法
arrow47_003利用登録・変更トップページ
qr code  QRコードを読み取って空メール送信でカンタン登録
 
メールマガジン配信記録 2017年
  □ 2017年  3月号   □ 2017年  2月号   □ 2017年  1月号
 
メールマガジン配信記録 2016年
  □ 2016年  12月号  □ 2016年  11月号   □ 2016年  10月号   □ 2016年  9月号   □ 2016年  8月号  □ 2016年  7月号   □ 2016年  6月号   □ 2016年  5月号   □ 2016年  4月号   □ 2016年  3月号   □ 2016年  2月号

メールマガジン配信記録 2015年
□ 2015年  11月号 □ 2015年  10月号 □ 2015年  9月号 □ 2015年  8月号 □ 2015年  7月号
 
□ 2015年  6月号 □ 2015年  5月号 □ 2015年  4月号 □ 2015年  3月号 □ 2015年  2月号 □ 2015年  1月号