noen-chokubaijo-ichiran-banner osakana-banner1 kudamonohitokuti banner shunyasaihitokutiーbanner facebook banner
 
果物の一口知識
 ●旬の果物  早生(わせ)みかん 2017/11
 11月は「早生(わせ)みかん」がうまい!みかんが一番美味しいのは11月だと私は思っています。10月までは「極早生(ごくわせ)みかん」が店頭に並んでいますが、糖度が今ひとつだったり、酸味を強く感じたり・・・最近は極早生でもいい品種が出てきていますが、それでも早生にはかなわない。ということで11月、みかんが一番美味しい季節の到来です。各産地から一斉に早生みかんが出荷され、大相撲九州場所が始まる頃には出荷量も多くなり、市場で荷が動かなくなり「のこった、のこった」となったりもするのですが、とにかく11月のみかんは美味しいです。
 実は藤沢にもみかん畑があるんですよ!11月23日(祝)には藤沢のみかん畑でみかんを収穫して、そのみかんの皮を使って、今年度「藤沢マイスター」に選ばれた茶来未の佐々木茶師に「フレーバーティー」づくりの講座をしていただきます。講座に参加したい方は、11月7日締め切りなので早めに応募してくださいね!
 ●旬の果物  柿 2017/10
 西村早生、次郎、富有、刀根早生、平核無、秋の果物といえば「柿」ですね!
 柿には「甘柿」と「渋柿」があって、西村早生、次郎、富有は「甘柿」、刀根早生、平核無は「渋柿」です。スーパーなどで販売されている「渋柿」は、産地で炭酸ガスやアルコールによる「脱渋」をしてから出荷されるので、私たちが食べるときは甘くてなめらかな食感が楽しめます。
藤沢で栽培されている柿は「甘柿」が中心で、その中でも10月に出回る「太秋」(たいしゅう)がおすすめです。甘みが強く、梨のようにサクッとした食感が特徴です。皮に円を描くように細かいひび割れのような筋が入りやすい特徴があり、見た目が悪くなることもあるのですが、この筋が入った部分は糖度が高いと言われています。
皆さんも「太秋」を食べて藤沢の秋を感じませんか!
 ●旬の果物  ブドウ  2017/9
 9月のくだものも、やはり「ブドウ」ですね。先月は「藤稔」を紹介しましたが、今月は「シャインマスカット」をおすすめします。
 シャインマスカットは、国の果樹研究所で育成され、2006年に品種登録された新しいブドウです。マスカットという名前のとおり黄緑色の粒で、皮ごと食べることができ、種もないので、とても食べやすくゴミもほとんどでません。食味良好で糖度も高く、比較的作りやすい品種なので、全国で生産され毎年出荷量も増加しています。
 藤沢でも5年程前に、苗木の導入をしており、今年は直売所でもだいぶ見かけるようになってきました。生で食べて美味しいのはもちろん、「皮ごと種なし」なのでタルトに使ったり、ゼリーに入れたり、食べ方のバリエーションも豊富。まだシャインマスカットを味わったことのない方、果樹マップ「ふじさわのくだもの直売所に行こう!」を片手に直売所へGO!
 ●旬の果物  ブドウ  2017/8
 8月のくだものといえば「ブドウ」。その中でも藤沢生まれの「藤稔」は、大粒で皮離れもよく、とても食べやすい品種です。この「藤稔」、実は「プレジデント」という名前になるはずだったんです。でも、品種登録するときに、その名前が使えないということがわかり、藤沢で稔ったブドウということで「藤稔」となったそうです。同じようなエピソードは他のブドウにもあり、「ピオーネ」という品種は、最初は「パイオニア」と名付けるはずだったのが、その名前が使えず、同じ意味のイタリア語で「ピオーネ」となったんです。
 どちらも今の名前で定着しているので、今の名前になってよかったなと思います。