おいしい藤沢産|えのぽ
ブドウの花満開!
今年は気温が例年より高く、ブドウの生長が早いです。先週(5/18頃)から藤稔など大粒種のブドウが満開期を迎え、早いところだともう予備摘粒の季節です。藤沢の生産者はナシとブドウの両方を作っている方が多くいるので、ナシの摘果、ブドウの摘粒と大忙しです。
ブドウの花はキャップのようになっていて、開花すると落ちてしまうので、花びらがありません。なので、雄しべと雌しべだけが生えているように見えます。
   
FB budohana 1
   
予備摘粒では一房にたくさんの実がなっている状態から、収穫時のサイズを考え、30〜40粒ほどに少なくします。数だけではなく、実の生えている方向なども考えながら摘粒するのですが、5㎜ほどの小さな粒を1つずつ抜いていくのは繊細で大変な作業です。この時期のブドウはどんどん生長してしまうので、農家さんは時間との戦いです。
藤沢のブドウ生産は1つの品種をたくさん作るのではなく、生産者それぞれがお気に入りの品種を生産し、市内の直売所を巡るだけでも色々なブドウに出会うことができます。
おいしいブドウの季節が待ち遠しいですね!
FB budohana 2
FB budohana 3